作成者別アーカイブ: フクシマアズサ

落ち葉掃き、落ち葉撒き

今年の冬はしっかり土づくりをしようと、
落ち葉をたくさん集めています。

歩道で、公園で、雑木林で。
街路樹に広葉樹が多いから、いくらでも集まります。

ひとまず11袋(50リットルビニール袋)集まったので、畑に撒いてきました。
今年は面積が広いので、土ごと発酵作戦です。

落ち葉を集めるのも、落ち葉を広げるのも、
カサカサざわざわ、心地良い音。

ひんやりした秋の空気の中の適度な全身運動は気持ち良く、
夏のキツかった畑仕事で消耗した身体と心が蘇る気分です。

う~ん、これは、癖になる。

幸い11袋では全然足りず、11月中に100袋ほど撒きたいので、
この気持ち良い仕事はまだまだ続けられます。

撒いた落ち葉には、仕上げに米ぬかをまぶして発酵促進。

肥料代も浮いて一石二鳥!

「工房からの風」が終わって

「工房からの風」から1週間が経ちました。

ご来場いただきました皆さま、ご購入いただきましたお客さま、
手伝ってくれた方、サポートしてくださった事務局・風人の皆さま、
出展を共にすることができた作家さんたちへ、
改めて深く御礼申し上げます。

 

当日2日間は「有難い」の連続で、どれだけ感謝を申し上げて良いやら。

中でも一番嬉しかったのは、お客さんがほうきを目にした瞬間、
「わぁ、ほうきだ!」と顔をほころばせて近づいてきて、
ほうきに両手で触れてくださったこと。

私がほうき作りに感じている幸福感をお裾分けできた!という、
確かな手応えを感じる瞬間で、
ほうきを始めてからの3年間の日々が救われた気分でした。

 

当日を迎えるまでは、実作業の面でも精神的な面でも、
何度か山場みたいなものがありました。

これでいいのか?大丈夫なのか?

最終的に得られた解は、
『どれだけ人前で、自分らしさをフィットさせながらも貫けるか。』

 

むき出しの展示台に、竹に引っ掛けたほうき、なるべく無造作に、
地べたに作業台を置いて、濡れながら、ウキウキとほうき作りの実演をする。

これこれ、これが私らしさ。

展示方法や実演の実施は最後まで迷っていたのですが、
”きちんと”やらなくてほんとに良かった。
(ここでいう”きちんと”とは、柄にもなく真っ白な展示台を用いたり、綺麗に整えたりすること)

先輩作家さんたちがみんな自分らしく挑めているから、この回答にたどり着くことができたと思います。

 

独力での展示、初舞台が「工房からの風」で本当に良かったです。
ここで得たエネルギーを、今後のほうき作りに注いでいきたいと思います。

まだまだ頑張り続けるので、よろしくお願いいたします。

気合十分!工房からの風

気合十分!準備も十分?
明日14日(土)より2日間の、「第15回 工房からの風」への出展、
やっと準備が一段落しました。

思い残すところがないわけではないけれど、
やりたい!と思ったことは、やり切った。

余裕があれば、ハマグリほうきの実演も予定しております。

愉快なほうきたちと共に、ご来場お待ちしております!

今年の穂、柔らかい

今年の穂は例年に比べて、とびきり柔らかにできました。
たぶん、梅雨の少雨と、一年目の畑ということで肥料の効きが弱かったことが理由です。

写真のほうきは、ちょっと形が上手くいかなかったので、うちの子になってもらったもの。
(最近は毎日、この子で掃き心地を試しながら掃除しています。)

掃いてみると、モロコシぼうきとは思えないくらい、しなる。
ホームセンターなどの硬めのほうきに慣れている人は、「ちょっとコシが足りない?」と感じるかもしれません。

でも、穂先ではなく穂の側面、線ではなく面で掃くようにすると、かなり細かい塵が掃けます。
ほうきで掃くというより、モップ掛けでもしているような触感である。

見た目も大事なほうきですが、触感が身体に合うかどうかが、道具を選ぶ上で一番大切。
この柔らかさが好き!という方の元へ、届くといいなぁ。

 

日々、全力疾走

9月になりました。

夏が終わり、ほうきの材料が手に入り、
現在、工房に籠りっきりで、日々ほうきを作っています。

作っても作っても、草がある。

昨年までは「草がない!ない!」という中で、ジリ貧のほうき作りでしたが、
今年は草が潤沢にあるので、
やってみたい形、作ってみたい大きさ、
思うがままに、たくさん、ほうきを作ることができます。

朝から晩までほうきを作ることができるのは本当に幸せで、
夏、太陽に焦がされながら必死に畑仕事をした日々が、報われた気分です。

 

制作を始めて1週間ぐらいは、背中、腕、手、指が痛くて仕方なかったのですが、
今は筋肉と皮膚が育ったのか、はたまた余計な力が抜けたのか、随分と楽になりました。

あと一か月ちょっと。全力疾走で、走り抜けます。

悪夢再び

今週からほうきの制作が始まりましたが、ブログはもうちょっと畑の話を。

2015年に猛威を振るったアブラムシが、今年も大量発生しました。

収穫前は元気だったほうきたちですが、収穫半ばになるころには無残な姿に…。

今年は「工房からの風」出展を見据えて早めに種をまき、早めに収穫を始めたので、
なんとか穂に影響する前に収穫を終えられたのが幸いですが、
こうも酷く枯らされると、収穫後とはいえ気持ちは下がります。

師匠の畑や、常陸太田の「種継人の会」さんの畑では、アブラムシの発生は見られなかった模様。

梅雨の少雨、耕作一年目の土壌、石灰窒素の散布、周辺の耕作放棄地。
そういえば春ごろから蟻がたくさんみられたような。(蟻はアブラムシと共生関係にある)

思い当たる節はいくつかあります。

収穫後の株を刈払機でなぎ倒しても気持ちは収まらず。
どうも株ごと枯らされてしまったみたいで、今年の二番ぼうき(ひこばえ)は期待できなさそうです。

 

草の手入れに雑草に、カビやら虫やら、夏は考えることが多すぎて落ち着く暇がありません。

そう思うと、さむーい冬は、気にすべきことが少なくて、
ものづくりをやるのにとても適した季節なのだなぁと。

夏の忙しさを体験すると、冬が恋しくてたまらないです。

苦戦!収穫!

7月下旬からスタートした収穫が、ついに昨日終わりました!

ひろーい畑の草を採って採って採って!
脱穀脱穀脱穀(足踏みガラガラガラ…)!
ひたすら干して干して干した、ハードなハードな約一か月弱でした。

 

昨年から約12倍に拡大した畑。
間引きや除草も広くなった分大変だったが、脱穀は倍率以上の大変さだった…。

作業は天気を見て、早朝3時半に起きて始まり、
約5時間身体を動かし、疲労しながら採っては脱穀。

採ったものは天日で3日以上干してしっかり乾かす。

今年は全然晴れなくて、天気予報も当たらないときた。(毎日数時間ごとにお天気アプリとにらめっこ)
夕立が来たら取り込んで、日が照ったらまた広げて、
湿気がたまると色が悪くなるから家にいても気が抜けません。

昨日採った草も、あいにくの雨で絶賛部屋干し中です。
除湿器を回してはみますが、イマイチ。自然のお天道様の力が恋しい。

 

大好きでやっているほうき作りなので、あんまり大変さを強調すべきではないのですが、収穫は他の農作業と比べ物にならないくらい苦しい戦いでした。

でもこれで、たくさん草が採れました。
これからいよいよ、ほうき作りが始まります。

休み上手になりたい

昨日、ついにほうきたちの出穂を確認しました!

顔を出すほうきの穂。今年は上手くできているだろうか。

 

農作業をやる日は、朝7時には作業を始めるようになりました。

まだ本物の農家さんに比べたら遅い方ですが、
収穫作業までには5時作業開始!を目標に、
これからちょっとずつ身体を慣らしていく作戦です。

朝の畑に吹く風は、さわやかで気持ち良くて、
辛いかなと思っていた早起きも、それほど苦ではありませんでした。

でも、相変わらず作業を終える10時ごろには熱中症気味に…。

原因は、水分補給不足と休憩時間の短さ。
分かってはいるのですが、作業に集中すると、ついつい休むのを怠ってしまいます。
特に独りで作業していると。

野良仕事で大事なのは、適度にサボること。
日本の学校教育では、つねに一生懸命さが求められるが、農作業ではそうはいかない。
休んで食べて、無理をしないことが、仕事をちゃんとやるために必要なのだと実感しています。

電動工具には『定格時間』というのが存在します。
『定格時間』とは、その工具を1時間のうちにどれだけ使っていいのかを表すものです。

定格時間30分なら、1時間のうちに連続30分使って、残り30分は休ませなければならないということです。
あるいは、10分使って10分休む、の繰り返し。

人間も、30分動いたら10分休むとか、
きっちり決まった時間を休んで働かないと、機械と同じように壊れてしまう。
実際に体調を崩して、そう実感します。

人間の定格時間は、何分ぐらいなのだろう。
決まっていたら、休憩も取りやすいのになぁ。

 

除草と中耕

7月になって暑さも本格化。
この暑さで、ほうきも急激にでっかくなってきました。

それと同時に、畝間・株間の雑草も急成長。
気を抜いている間にだいぶ覆われてきたので、
先週から重い腰を上げて、せっせと雑草取りに励んでおりました。

地面に這いつくばって、ほうきの中を潜るように進みながら、
地道に抜いては進み、抜いては進み。
(後から考えたら、この作業は立鎌でやっても良かった。この反省は来年に)

ほうきがみずみずしいので、中はさながらプールのようでした。

 

そして今日は機械で中耕作業。
借りてきた助っ人のQTくんに畝間を走ってもらいました。

さすが機械。早いは早い。
でも、なかなかの暴れ馬で、コントロールするのに思っていたより体力が削られた。
あと、何株か犠牲にしてしまいました…。

機械は早いけど、コストと掛かる時間、それで生まれる成果によっては、
手作業の方が良いときもあるのでしょう。

作業内容によって、工夫の余地はたくさんあるなぁと、これも来年への反省です。

若干熱中症気味になりながら、今日の作業は終了。
農家に梅干が常備されている理由を、身をもって理解した気分です。

TOKYO FM「みらい図鑑」

TOKYO FMのラジオ番組「みらい図鑑」さんにて、私のほうき作りをご紹介していただきました!

http://www.tfm.co.jp/miraizukan/index.php?itemid=124716

「みらい図鑑」は、100年後につなげたい“ヒト・モノ・コト”を集めたラジオ番組です。

番組は上記URLでも絶賛配信中。
(緊張で裏返った私の肉声が聴けます 笑)

このような場で、美しいナレーションに乗せて、全国へほうきのことをご紹介いただけるとは、
はじめ番組を聴いたときは、なんだかもう、もじもじしながら、感無量!でした!

ありがとうございます。

 

ほうき作りって、昔の資料を調べてみると、
地味の悪い土地でも作ることができたから、この地域に根付いたもので、
農家の副業としてのほうき栽培は「貧村の表現」でもあったといいます。

貧しい土地の経済を支えたほうき。

戦後、ほうき作りが割に合わない仕事となると、
ほうきを作る農家は減り、作る人も減って、
だんだん知っている人もいなくなり―。

師匠の酒井さんがほうき作りを続けていたのは、奇跡に近いと私は思っています。

民具の中でも、まだまだ現代の生活で役割を持っているほうきだからこそ、
100年後の時代にも、つなげていければと思います。