日別アーカイブ: 2019/09/30

ありがとうございました!

「常陸の国からの贈り物」@てしごと舎kurasoさん &「えらべる箒 展」@カゴアミドリさん、両展とも無事終了いたしました!
お越しいただきました皆さまへ、心より感謝申し上げます!

そして、同時期の展示会だったにもかかわらず快くOKしてくださった両店舗の方に、深く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。


↓カゴアミドリさんでのトークイベント後の一枚。
左から、「松本箒」米澤さん、「つくば箒」フクシマ、「中津箒」吉田さん、「鹿沼箒」早苗さん、そして現在スタートアップ中の「いなわしろ箒」加奈さんです。
カゴアミドリ店主の伊藤さんの指揮で、昨年からミーティングを重ねて開催された「えらべる箒 展」だったので、終わってしまうのは本当に寂しかった!
またこのメンバーで集まることができたらいいなぁ。


↓kurasoさんでの展示の様子。
グループ展の醍醐味はコラボにあり!と勝手に思っているのですが、
今回、藍染風布さんの糸を使って色んなほうきが展開できたことが、とても楽しかったです!
次回は刺し子のトタコさんとも、なにかやれるといいなぁ。

View this post on Instagram

2019.9.28 こんにちは。 夕べ21:00で「常陸の国からの贈り物」全ての日程が終了しました。 多くの方にお越しいただき、ご覧いただけましたこと大変嬉しく、感謝申し上げます。 また、この展のためにたくさんの作品を作ってくださった刺し子屋トタコさん、「藍染風布」丹羽花菜子さん、フクシマアズサさん、本当にありがとうございました。 ・ この展は、私にとっていろいろなことを思い出させ、考えさせてくれるとても意義のあるものとなり、自分の中で一つの展示会というだけではない、大きなものを残してくれた気がします。 ・ 一番初め、茨城の良い物をできるだけたくさん紹介できたら、という思いもあり始めたお店。 次第に増えていく県外の作家さんたちに、県内に拘ってばかりではお願いしている作家さんに失礼ではないか、という思いもあり、県内、県外関係なく展示会を開催していました。 ・ でも今回、県内に拘り展示会を開催してみて、地元の作家さんがどれだけ地元の方たちに愛されているか、ということを強く感じました。 やはり、地元と繋がった店でありたい、そのことを思い出させてくれた今回の展示会。 ・ 作品を作ってくださった三名、そしてお越しくださったすべての皆様、本当にありがとうございました。 ・ ・ 次の展示会は10月26日から、あつあつをいただく「耐熱の器」展、です。 朝晩冷え込む様になってきて、どんどん気温が下がっていくこれからの季節に嬉しい、オーブンやグリルで調理に使える耐熱の器が集まります。 楽しみにしていてくださいね。 ・ 写真は今展示会の様子やワークショップの様子。 6枚目は丹羽さんの天然藍の爪。 数日染めをしていないと薄くなってしまうそうですが、制作が立て込んでいた展示会初日はまるでマニキュアを塗ったかように美しい藍の色に染まっていました。 ・ そしてラスト二枚は刺し子屋トタコさんの同居猫、アズさん、バッタさん、ぴこさん。 あっかんベをしているのがあずさん。 最後の凛々しいお顔をしているのがぴこさん。 バッタさんはとってもつれなかった・・・笑。 ・ さて、お店は本日も通常営業。 16時までお待ちしています。 ・ ・ ・ #刺し子屋トタコ #刺し子 #花ふきん #丹羽花菜子 #藍染 #藍染め #フクシマアズサ #ほうき #箒 #展示会 #うつわ #陶器 #古民家 #古民家リノベーション #てしごと #手仕事 #暮らしの道具 #暮らし #くらし #てしごと舎kuraso #茨城県 #茨城 #つくば #土浦 #牛久

A post shared by kuraso【暮らしに寄り添う手仕事の生活道具】 (@_kuraso) on