カテゴリー別アーカイブ: イベント・展示

9月の予定

9月になりました。気温が少し落ち着いて、ほうきを作る時期になったなぁと、肌に感じる季節です。

さて、今年の草は、梅雨の長雨で少し小さめの穂が多く、 また収穫直前の台風の影響もあって、例年より収量減となりました。
ですが、冬と春にたっぷり堆肥を入れたおかげか、芯立ちが少ない!
ブラシに向いた小さくて充実した草が多めの年となりました!

さて、9月は2つのグループ展から、ほうきをお届けさせていただきます!
WSなども企画しておりますので、遊びに来ていただけると嬉しいです!


「常陸の国からの贈り物」
2019.9/14(土)~9/23(月)
てしごと舎kuraso (つくば市吉瀬1679-1)


えらべる箒 展
2019.9/17(火)~29(日)
カゴアミドリ(国立市西2-19-2 第一村上ビル2F )

5月の予定

もうすぐ畑が本格スタートする、待ちに待った5月!
今月は2つイベントに参加させていただきます。
(ほぼWSが中心ですが、販売も少々)

■2019/5/3(金・祝) 春のカエル市@カエルトープ
群馬のカエルトープさん主催の、春のイベントです!
WS『コーヒーブラシを編む』をやらせていただきます。
当日受付・1時間毎の開催(各回定員2名)
参加費2000円

 

■2019/5/18・19(土・日)つくばスローマーケット@vol.12@旧筑波東中学校
『選べる ほうきのWS』やります。
下の写真の4タイプの中から、好きなサイズのほうきを選んでいただき、編み~仕上げまでやっていただく体験です。スローマーケットのスローにあやかり、ゆっくりじっくり作っていただこうと思っています。
当日受付となりますので、時間に余裕を持っておこしください!

春の陽気の下でほうきを作ってみたい方は、是非是非お越しください!

職人の庭@乙女のつくば道~

昨日今日は、「職人の庭」@乙女のつくば道 でした!

少し気温が低くなった2日間でしたが、いらっしゃる皆さまの暖かさに支えられて、無事終えることができました。
お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。

藍染糸で編むほうきのWSでは、今回は練習パートからスタートして、しっかり手の使い方を覚えていただきました。
半割のカラを編むのに苦戦される方が多かったですが、皆さんそれぞれのほうきを完成させていただくことができました!

 

WS中にはこんな風景も。
(ジョウビタキ!参加者さんが発見されました!)

自然が近くて風景が豊かなのも、つくば道のいいところですね。
来年は、少し外も歩いてみたいなぁと思います。

藍染糸とほうき

藍染作家の藍染風布さんに、ほうきの編糸を染めていただきました。

藍染風布さんは、“天然藍灰汁発酵建て(てんねんあいあくはっこうだて)”と呼ばれる、昔ながらの手法で藍染をやっている藍染屋さんです。

昨年の「職人の庭」@乙女のつくば道 をきっかけに出会ったのですが、
伝統を大事にしつつも軽やかな作品作りをされている姿に魅せられて、糸染めをご依頼させていただきました。

仕上がりはこんな感じ。ほうきの草に藍染の青がよく生えます。

誰かが丹精込めて作ったものを使ってものづくりをすると、素材から作者の気持ちが流れてくるような感じがして、いつもとちょっと違う心持になります。
これぞコラボレーションの醍醐味でしょうか。

 

藍染糸のほうきは、今年の「職人の庭」にて初お披露目予定。
同時に、風布さんの藍染糸で編むほうきのWSも開催いたします。

竹にはりきゅう、ほうき、布団、針仕事、そして藍染。
六種の職人による手仕事三昧な2日間をお送りいたしますので、是非遊びに来てください。

詳細はこちら⇒https://tsukumichi.exblog.jp/28069208/

3月のつくいち

本日つくいちでした!
お天気はしとしと降る冷たい雨でしたが、たくさんの方々がいらっしゃっていました。

お越しいただきありがとうございました。

ほうき屋は、直前まで悩んだのですが、結局自転車販売は断念。
ちょっと残念でしたが、途中から雨が強くなったので正しい判断でした。

今日は念願の鈴木牧場さんの牛乳をゲット!
自家栽培の牧草で育てられた牛さんたちの、甘くて濃厚な牛乳です。

毎回大人気で売り切れで、ずっと購入できなかったのですごく嬉しい!
たまには雨も良いものです。

2月のつくいち

本日つくいちでした!
お立ち寄りいただきました皆さま、ありがとうございました!


大人も子供も交じりあって、のんびりと過ごす日曜日。
ほうき越しに見るこの風景、好きです。

 

今日は私も色々お買い物を楽しませていただきました。

買うときにはお店の人と必ず会話があって、そこで見える発見があり、
顔の見える関係性の中で取引が行われます。

出店者とお客さんが地続きに繋がっているのが、つくいちらしさで良いなぁと思います。

きっと昔の商店街ってこんな感じだったんだろうな、と、
平成生まれの自分は想像するしかないんですが、
今日はじんわりとそんな気持ちが流れ込んできました。

 


ちなみに、ほうき号で移動するときはこんな感じになっています。
派手。

1月のつくいち

昨日は2019年最初のつくいちでした!

極寒をふるえて耐え忍ぶ出店になるかと思っておりましたが、
太陽があたたかく見守ってくれて、賑わいのある一日となりました。
お立ち寄りくださった皆さま、ありがとうございました。

さて、今回の出店から自転車販売となりました。

自分でいうのもなんですが、ほぼイメージ通りで大満足の出来です。
(「サーカスみたい!」とコメントいただき、すごく嬉しかった)

積載量も十分!

運転時は若干重さに引っ張られる感じがして、坂道などは苦労しますが、
重さの原因は什器や看板なので、工夫次第でもっと快適になりそうです。

お天気さえ良ければ、どこでも走っていきたいと思います。

脱穀から!未来くるやぶきのほうき作り

12月9日(日)は 未来くるやぶき@福島県矢吹町 で、子どもたちと一緒にほうきをつくってきました!

今回は初の試みで、使用するすべての材料を脱穀するところからのワークショップでした!


まずは準備体操からはじまり、


カラハシと千歯扱きを使って脱穀!千歯扱きは猪苗代のKさんからお借りしたものです。


はじめての体験に子どもたちも夢中の様子!


脱穀した草は綺麗に整えて、


糸で束ねて完成です!


完成したら使わずにはいられません!きれいに掃除までしてくれました。


みんないい顔。お疲れさまでした。

 

この日は初雪の舞う一日でしたが、寒さに負けないのが福島の子どもたち。
元気にほうきを作ってくれて、ありがとうございました!

ワークショップ@熊谷家住宅

11月18日(日)は、島根県石見銀山の熊谷家住宅にてほうき作りのワークショップを行ってきました!

みなさん、良い感じにできました◎

熊谷家住宅は、石見銀山の経営に携わった町役人が住んでいた民家建築で、
中では、竈やお風呂、女中さんの部屋や針仕事の道具など、
当時の暮らしをリアルに感じることができるものをたくさん見ることができます。

2階では、現在パンにまつわる特別展示も。(パンののれんが目印です!)
歴史ある場所でのワークショップ開催に、深く御礼申し上げます。

 

石見銀山は、2007年に登録された世界遺産ですが、
今でもその地域の人たちが普通に暮らしているのが、まちの見どころだと思います。

以下、個人的なお気に入りスポット。


めだかの学校「本校」。通りの向こうには「分校」もあるよ。


道路に埋め込まれた地図。かっこいい。そしてなにより分かりやすい。


小学校も普通にあります。嬉しい「ようこそ」という言葉。


竹3兄弟。


イノシシ(?)4兄弟。
額に乗るサザエは、石見銀山現役当時はランタンとして活躍していたそうです。

探してみてね。

12月は矢吹町へ

12月は、矢吹町の屋内運動施設『未来くるやぶき』にて、
子どもたちと一緒にほうき作りを行います!

2度目のワークショップということで、今回は草の脱穀から行うスペシャルです。
冬の屋外でひたすら実を外す農作業はちょっとハードかも?でも、みんなでワイワイやれば寒さもへっちゃらのはず!

募集期間は11月20日(火)まで。
くわしくは、下記リンク先をご覧ください!

http://www.town.yabuki.fukushima.jp/page/page003067.html?fbclid=IwAR2a1aF8WkTmf8CYk98f-_RvnEoBmnmcww6O8rHVF1_62s_ZFJE9d0SFMzY